映画「影踏み」 横山秀夫さんが現場激励 中之条で合同取材会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
撮影の合間に山崎さん、尾野さんと談笑する横山さん(右)=中之条町・旧鍋屋旅館
和やかな雰囲気で合同取材に応じる(左から)山崎さん、尾野さん、北村さん、篠原監督=中之条町役場

 全編を群馬県でロケーションする映画「影踏み」で、伊参スタジオ映画祭などでつくる「影踏み」製作委員会は5日、撮影地の中之条町で合同取材会を開いた。配給会社や出版社、劇場など映画関係者40人が参加し、出演者らに映画化への意気込みを聞いた。原作者の横山秀夫さんも撮影現場を訪れ、出演者らと歓談した。

 合同取材会は町役場で行われ、この日撮影に臨んだ主演の山崎まさよしさんと主人公の恋人役を演じる尾野真千子さん、北村匠海さん、篠原哲雄監督が出席。プロデューサーの松岡周作さんが映画化について概要を説明した後、それぞれが質問に答えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事