伊香保・千明仁泉亭 社長宅3階焼く 今週末に営業再開へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
火災のあった社長宅を調べる捜査員ら=6日午前、渋川市伊香保町伊香保

 群馬県渋川市伊香保町伊香保の老舗旅館、千明仁泉亭の敷地内で5日夜発生した火災で、渋川署と渋川広域消防本部は6日、旅館と棟続きになっている旅館社長、千明三右衛門さん(79)方を実況見分した。3階の寝室にあったパソコンのバッテリーが破裂した痕跡があるといい、出火の原因を詳しく調べている。

 警察や消防などによると、焼けたのは木造3階建ての千明さん方の3階部分約90平方メートルと判明した。千明さんは7人家族で、消火しようとした妻(71)がのどにやけどをしたが、既に退院した。旅館の宿泊客約20人にけがはなかった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事