「ズドーン」直後に悲鳴 渋川のスーパーに車突入 15人重軽傷
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スーパーの店内に突っ込んだ黒い乗用車=10日午後6時50分ごろ、渋川市行幸田のとりせん渋川店
駐車場を猛スピードで走行し、スーパーに突っ込むワゴン車。来店客のドライブレコーダーが事故当時の様子を記録していた(読者提供、アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます)
店内に車が突っ込み、けが人を救出する消防隊員ら=10日午後4時過ぎ、渋川市行幸田(読者提供)

 10日午後3時55分ごろ、渋川市行幸田のスーパー「とりせん渋川店」に乗用車が突っ込み、小学生を含む買い物客ら15人が重軽傷を負った。群馬県警渋川署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市半田の無職の男(55)を現行犯逮捕した。男は「右半身がしびれ、アクセルを踏み込んでしまった」と話し、同署が健康状態や事故原因を調べている。

 男が数日前から体調が悪かったといった趣旨の供述をしていることも11日、捜査関係者への取材で分かった。

◎客、陳列棚なぎ倒す 駐車場を猛スピードで

 飛び散るガラス、折れ曲がった支柱。床にはなぎ倒された陳列棚の商品が散乱し、店員らは必死でけが人に声を掛けた―。とりせん渋川店に10日午後、車が突っ込み、15人が負傷した事故。家族連れらでにぎわう日曜午後のスーパーは一瞬にして悲鳴に包まれ、買い物客は「生きた心地がしなかった」「もう少しで車が直撃していた」と声を震わせた。

 「ズドーンという音がして、車が突っ込んできた。直後に悲鳴が上がった」。レジ付近にいた男性(57)=渋川市北橘町=は事故の瞬間を目の当たりにした。一緒にいた妻(57)はレジや商品棚に当たって倒れ、けがをした。同じレジ近くにいた女性(59)=同=も「急に爆発音のような音が聞こえて、気が付くと右足が陳列棚の下敷きになっていた。棚がなければ車が直撃していた」と青ざめた。

 会計を終えて店を出ようとしていた女性(45)=同市中郷=は「衝撃を感じた瞬間、ガラス片が降ってきた。レジ近くにいた子どもの姿が一瞬見えなくなり、生きた心地がしなかった」と震える声で話した。

 店外の入り口付近にいた男性会社員(18)=同市=は黒いワゴン車がスーパーに隣接する道を猛スピードで走る様子を目撃。「車はそのまま店に突っ込んでいった。本当に怖かった」と話した。別の角度から事故の瞬間を目撃していた男性会社員(45)=同市石原=は「買い物客を助けようと店内に入ったら、運転手はまだ車内にいて、きょとんとしていた。いつも来ている店でこんなことが起こり、信じられない」と戸惑った様子だった。

 同店の神剛史店長(44)は、日曜夕方は買い物客がピークになる時間帯と説明。「店内に30~50人の客がいたのではないか。パニック状態の人がいる一方、商品棚に挟まった人を助けたり、けがの手当てをしたりしている人もいた」と話した。買い物客を誘導し、店外に避難させたという。同店は11日に復旧工事や陳列棚の交換などを行い、12日から通常営業するという。

◎店員や客 誘導と手当て DMATも出動

 事故で騒然となったとりせん渋川店では、駆け付けた渋川広域消防本部が店舗外にテントを設営、災害派遣医療チーム(DMAT)や前橋市消防局の隊員と連携して、けが人の救助に当たった。

 「車が店に突っ込んできた」―。119番通報を受け、同消防本部の隊員が現場に駆け付けると、店内には商品やガラスが散乱し、多くの客が動揺していた。商品が覆いかぶさって床に倒れ込んでいる人の姿も。歩ける人は店外へ避難を促し、けが人はその場で治療の優先順位を決めるトリアージをすぐに始めた。けがをしたためか、興奮して過呼吸の状態になった子どももいた。悪天候でドクターヘリが飛べず、救急車も足りなくなり、一部のけが人は消防車で病院へ運んだ。

 店員が客を誘導したり、買い物客らも救助や手当てに協力し、事故発生から1時間ほどでけが人を搬送し終えた。

 同消防本部の指揮係、岸賢一消防司令(48)と救急指揮隊長を務めた丸山裕樹消防士長(33)は11日、上毛新聞の取材に応じ、「被害の大きい現場に驚いたが、日頃の他機関との訓練を生かして活動できた」と話した。店員による避難誘導やテント設営などの協力が迅速な対応につながったと振り返った。

◎「信じられない」 容疑者宅 近隣住民

 自動車運転処罰法違反(過失傷害)容疑で逮捕された男(55)は渋川市半田の自宅で一人で暮らしていたとみられる。男と顔見知りという近くの男性(80)は「事故を起こしたとは信じられない」と驚いていた。

 県内では、車のアクセルとブレーキを踏み間違えて建物などに突っ込む事故が頻発している。中でも高齢ドライバーによる事故が目立ち、県警などは事故防止に向けた啓発に力を入れている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事