カード遊びで「安保」 食糧、防災…考える 高崎JC
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンポカードゲームを楽しむ参加者

 楽しみながら安全保障について学ぼうと、高崎青年会議所は12日夜、群馬県高崎市の高崎商工会議所ホールで、会員らが参加したイベント「カードで学べる安全保障」を開いた。

 イベントは日本青年会議所(東京)が開発し、全国普及を目指している「アンポカードゲーム」を使用。ゲームは「食糧・水」「エネルギー・物流」「医療・人間」「国」「防災・防犯」「環境」の6種類ある「アンポカード」や、「アタックカード」などからなる168枚のカードをベースにトランプのように楽しむ形式で、参加者はグループ内で早く全種類のアンポカードがそろうよう競った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事