公共施設修繕有意義な訓練 テクノアカデミー 沼田
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 沼田市の短期育成型技能訓練校「利根沼田テクノアカデミー」(桑原敏彦校長)の訓練生11人が市内の公共施設のトイレなどの修繕工事に取り組んでいる。沼田南中、沼田升形小、市指定重要文化財の「南郷の曲屋」で作業する。13日まで。

 訓練生は本年度から加わった左官をはじめ、大工、板金の3コースで学ぶ。南中では、老朽化したトイレのドアや壁のタイルを話し合いながら交換した=写真。升形小では避難通路のタイル張り、曲屋は管理棟の雨どいを修繕する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事