バナナ? 特大キュウリだ 農林大学校産 箕輪小給食に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山キュウリの説明を受ける児童

 群馬県立農林大学校で栽培されたキュウリを使った給食が13日、高崎箕輪小(飯島雅年校長)で提供された。

 3年3組では農林大学校生4人が児童35人と会食。児童は、黄色で大きいのが特徴の高山キュウリについての説明を受け、「バナナみたい」などと関心を示していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事