勤務先レジから現金盗んだ疑い 吾妻署がJA職員を逮捕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 勤務するスーパーのレジから現金を盗んだとして、群馬県警吾妻署は20日、窃盗の疑いで、東吾妻町のJAあがつま職員の男(35)を逮捕した。店のレジから今年3月以降、総額1139万円の現金がなくなったことが判明し、同署が関連を調べている。

 逮捕容疑は3日午前10時55分ごろから同日午後4時55分ごろにかけ、同町のスーパーのレジ3台から計15万円を盗んだ疑い。同署によると、「レジから取った行為は間違いないが、私的な流用はしていない」と容疑を一部否認している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事