W杯は静かに見ようね 大泉で町と警察がポスター 3種類で啓発

 サッカーW杯は節度を持って観戦を―。群馬県の大泉町と大泉署は21日、深夜に及ぶW杯中継を静かに見守るよう呼び掛けるポスターとチラシを町内のフットサル場やブラジル料理店など10カ所で配布した。

◎日本語とポルトガル語で

 製作したポスターは3種類。「深夜早朝はお静かに」「飲酒運転禁止」と日本語とポルトガル語で表記した。署員らはフットサルを楽しむ子どもたちにチラシを渡した。

 町内のブラジル人は強豪である母国の応援に熱が入りがち。ブラジル人学校の7年生、ジョセ・ミゲル君(13)は「ネイマールを応援している。ブラジルの試合は家で静かに見たい」と話した。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事