中学校の給食にゴキブリ混入 館林市教委が謝罪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県の館林市教委は29日、中学校の給食で26日に提供したメニューにゴキブリの死骸が混入していたと発表した。健康被害はない。

 学校給食センターによると、館林四中の1クラスで、キャベツやキュウリ、ショウガの甘酢漬けなどで調理した香味漬けの中に、約3センチの死骸があった。生徒が担任に報告し、同校では食べるのを中止した。野菜を切ってゆでる段階で混入した可能性が高いという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事