40メートル大食卓を囲む 前橋めぶくフェス活気

◎中央通りに50の飲食店、団体

 群馬県前橋市の中心市街地活性化に取り組むイベント「前橋めぶくフェス」が1日、同市の中央通り商店街で開かれた。市内外から50の飲食店や団体が出店。パンや漬物といった食品をはじめ、雑貨、おもちゃなどを販売し、多くの人でにぎわった。

 飲食を扱うブースは焼きそばやかき氷、カレーライスなどの14店が並んだ。ホットドッグやソーセージを販売したとんとん広場(同市三夜沢町)の林智浩社長(41)は「フェスだけのオリジナルメニューを用意している店もある。この場所から活気を広げていきたい」と意気込んだ。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事