伊勢崎36.5度 暑さ全国3位
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県内は1日、高気圧に覆われて快晴が続き、伊勢崎で最高気温が全国3位の36.5度を観測するなど、県南部を中心に35度を上回る猛暑日となった。

 前橋地方気象台によると、県内13の観測地点のうち、伊勢崎のほか猛暑日を記録したのは館林と桐生(いずれも35.9度)、前橋(35.6度)の3地点。上里見や沼田、西野牧など7地点は30度を超える真夏日だった。

 各消防本部によると、県内で男女計17人が熱中症の症状で緊急搬送された。中等症は伊勢崎市内でサッカーをしていて気分が悪くなった女子中学生(13)ら5人で、軽症は12人だった。

 気象台は6月29日から3日連続で、高温注意情報を発表している。県内は2日も厳しい暑さが続く見込み。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事