富岡製糸場東の銀座通り 明るく安心な商店街

 世界文化遺産、富岡製糸場(群馬県富岡市)の東側に位置する「銀座通り商店街」が誘客に改めて力を入れ始めた。通りを子どもの絵や花で彩ったり、道案内の看板を飾ったり。製糸場の入場者数が減る中、来年3月の総合ガイダンス施設「世界遺産センター」の開設も見越して、まちなかの回遊性を高めようと奮闘している。

 世界遺産センターの開設予定場所は、上信電鉄上州富岡駅や無料駐車場のすぐ近く。そこから商店街を経由して製糸場に足を運んでもらおうと、繭の形をしていて「徒歩5分」「徒歩4分」などと記した看板を随所に飾った。今後は花時計なども設ける予定だ。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事