最多授業時間/進学型単位制 高校再編で2校に特色 桐生・みどり地区
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 桐生・みどり地区の公立高校再編で、群馬県教育委員会は4日までに、2021年4月に桐生市内に開校する新高校2校の教育課程に関する基本構想案をまとめた。桐生と桐生女が統合する高校は1週間当たりの授業時間を県内最多の34時間に設定。桐生南と桐生西の統合に際して単位制を取り入れるなど、特色ある教育内容を盛り込んだ。

 移行措置で、桐生・桐生女は開校時に3年生となる19年4月の入学者から、新高校の教育課程を先取りする形で学べるようにする。一方、桐生南・桐生西は21年4月の新1年生から単位制を適用。2、3年生になる時に新高校に移る生徒は、入学校の教育課程を原則引き継ぐ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事