家族「今年こそは」 ゆかりちゃん不明事件から7日で22年
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県太田市内のパチンコ店で1996年に大泉町の横山保雄さん(51)、光子さん(52)夫妻の長女、ゆかりちゃん=当時(4)=が行方不明になった事件は、7日で発生から22年となる。家族はゆかりちゃんの無事を祈り続け、情報提供を呼び掛けている。

 光子さんは22年を「あっという間だった」と振り返った。次女と三女が成長していく姿をゆかりちゃんに重ね合わせてきた。「戻ってきたらディズニーランドへ行ってみたい」と、帰宅を待ち望んでいる。

◎解決へ決意新た 県警

 県警は6日、捜査本部が置かれている太田署で担当者会議を開き、捜査員ら34人が事件解決に向けて決意を新たにした。前原哲也刑事部長は「ゆかりちゃんや家族の思いをかなえられるのは私たちだけ。魂のこもった捜査を」と訓示した。事件発生日の7日は、イオンモール太田でチラシを配る。情報は捜査本部(電話0120-889-324)へ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事