彦部家通じ地域の歴史 文書まとめ近世史料集 桐生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
完成した史料集を手にする巻島さん(左)と彦部さん

 家系が1300年続く彦部家(群馬県桐生市広沢町)が所蔵する古文書を調べてきた「彦部家文書を紐解ひもとく会」は、「彦部家文書近世史料集」を5年ががりでまとめた。主に江戸時代の村人口、規制や年貢、農業用水など、当時の村の様子を示す史料を紹介している。

 史料集は447ページ。彦部家譜代年代別一覧を付け、13人の会員が史料に基づいて執筆した読み物「歴史コラム」16編も収めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事