落差50メートル 雄々しい流れ 三段の滝《南牧水紀行》
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 滝口まで見上げるのに苦労する。落差は群馬県南牧村の滝でも屈指とされる50メートル。巨岩をよじ登るようにして近付くと、ひんやりとした風が一気に吹き付けた。名前の通り、3段に分かれて落ちる=写真・AR

 駐車場から山道とも沢とも思えるルートを登って30分。イワナだろうか、所々にある名もなき滝つぼで魚影が躍った。雄々しかった流れも少しずつ優しくなって、村民の暮らしや心を潤していくのだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事