女性アスリートのサポート充実を 高崎の市民講座でシンポ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シンポジウムに出席した(左から)萩原さん、丸山さん、佐藤さん

 女性アスリートへの支援を広げようと、市民公開講座「ベストパフォーマンスを引き出す体づくり」が14日、群馬県高崎市内の結婚式場で開かれた。「女性アスリートの明るい未来について」と題したシンポジウムが行われ、産科婦人科舘出張佐藤病院(同市)の佐藤雄一院長ら3人がサポート体制の充実を訴えた。

 都内の病院で女性アスリート外来も担当する佐藤院長は月経不順の報告が多いと説明。血液検査で不足している栄養素などが分かるとし、「ジュニア世代も利用して」と呼び掛けた。選手へのアンケート結果も示し、周囲の相談体制の構築も必要だと語った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事