地産地消推進の11店を新規認定

 県産農畜産物を積極的に販売、活用する「ぐんま地産地消推進店」として、県は16日までに、新たに11店舗を認定した。推進店の総数は県内の471店舗となった。

 新規に認定した11店は飲食店やスーパー、総菜店。このうちカネコ種苗ぐんまフラワーパークピアちゃんの直売所「ひまわり」(前橋市)とパワーセンターうおかつ吉井店(高崎市)、北毛茶屋(片品村)の3店舗は、推進店の中でも高い水準で県産農畜産物の提供やPRに取り組む優良店に認定された。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事