ひとり親家庭の小学生 無料学習支援を拡充
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ひとり親家庭の支援に取り組む群馬県母子寡婦福祉協議会は本年度、小学生向けの無料学習支援を拡充した。2年前から実施している玉村町に加え、前橋、藤岡両市にも支援を広げ、子どもの居場所と親の交流の機会を提供する。

 同会は2016年、支援事業に協力的な同町をモデルに、ひとり親家庭を対象にした学習支援を始めた。県内の大学生や教育関係者らが学校の宿題などを指導。子どもにとっては学習だけでなく他の参加者との遊びも楽しめ、家庭、学校に次ぐ第三の居場所となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事