富岡製糸場 メイン通りを軸に集客を

◎市有地に憩い広場 「韮塚製糸場」を整備

 世界文化遺産、富岡製糸場から東に延びる城町通りを活性化しようと、富岡市は正門から約200メートル離れた市有地を「城町通り南広場」として整備する方針を固めた。観光客や住民が憩える場とし、イベント会場になるようにする。近くの「韮塚直次郎製糸場」と特定された長屋も、製糸場の券売や観光案内所の機能を持たせる方向で調整しており、メインストリートの開発で製糸場入場者の減少に歯止めをかけたい考えだ。

 広場の整備予定地は、城町通りに面した713平方メートルの市有地。通りの反対側に休息所があり、近くには土産物店や飲食店などが点在する。本年度中に地域住民の意見を踏まえて整備計画を取りまとめ、条件が整い次第、着工する予定。数年以内の完成を目指す。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事