不適合ブロック塀 29カ所優先し撤去 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 小中学校などにある建築基準法に適合しないブロック塀について、前橋市は18日、20施設・29カ所を優先し、原則撤去すると発表した。不適合な市有の97施設・203カ所のうち、子どもが立ち入る施設を中心に塀の高さ超過や劣化の程度、通学路にあるかといった点を総合的に判断した。7月下旬から順次作業を始める。

 対応を先行するのは小学12校、中学6校、幼・保育園2園に設置されているブロック塀で、総延長距離は1255メートル。原則として既存の塀は撤去し、フェンスなどを設ける予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事