地場産トマトで「止まっとこう」 桐生署などが交通安全指導
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
トマトを配りながら安全運転を呼び掛ける協議会員

 桐生署(服部文雄署長)は18日、群馬県桐生市の国道122号(広沢町1丁目東交差点)で桐生交通警察モニター協議会(小林康人会長)と合同でドライバーにトマトやチラシを手渡し、事故防止を呼び掛けた。

 赤信号や一時停止の表示がある道路で「止まっとこう(止まっておこう)」とトマトをかけた。みどり市笠懸町産の400個(2個入り200袋)のトマトを用意。同協議会員25人は「安全運転をお願いします」と声を掛けた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事