被害と復旧臨場感鮮明 連載を書籍に 震災で熊本日日新聞

 2016年4月に発生した熊本地震の記録として、熊本日日新聞社は連載企画をまとめた「熊本地震 あの時何が」を出版した=写真。同年10月から18年1月にかけて、同社記者が取材した震災の実相をオムニバス形式でつづった貴重な資料となっている。

 全戸断水に直面した上下水道局など行政機関の動きに加え、県民に親しまれた動物園や百貨店が復興に向かう姿を記した。県内各地で災害に直面した当事者の心情も織り交ぜ、当時の臨場感を鮮明に描写している。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事