「五常の鐘」 鐘楼に 沼田高

 群馬・沼田高(林匡宏まさひろ校長)が生活規範としている五常ごじょう(仁・義・礼・智・信)の教えのシンボルである「五常の鐘」の鐘楼が完成し、20日に沼田市の同校で落成式が開かれた。生徒や卒業生ら約200人が祝った=写真

 林校長は「創立当初からの矜持きょうじをこの鐘の音ともに継承したい」とあいさつ。生徒会長の生方秀磨しゅうまさん(2年)は「五常の教えの心を持つ立派な人間となって社会に羽ばたけるよう日々精進する」と誓った。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事