どうして暑い?群馬の夏 内陸で平地、都市化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 群馬県内は連日、最高気温が35度を超える猛暑日が続いている。特に前橋や伊勢崎、館林は14日以降、日没後も気温が25度を下回らない熱帯夜が続き、寝苦しい夜となっている。最高気温35~38度は赤道に近い熱帯の国々と同じ水準だ。どうしてこんなに暑いのか―。専門家は気温上昇の背景に、都市化に加え、内陸に位置する立地や日射を受けやすい平地といった要因を指摘している。

 前橋地方気象台によると、館林や伊勢崎など本県の観測地点で夏場の気温が高い理由に、(1)標高の低い関東平野に位置しており、日射を長時間受けやすい(2)海に面していない内陸にあるため、涼しい風が吹き込まない―などの理由が挙げられるという。特に本県は海から離れているため、上昇した気温が下がりにくい環境でもあるという。

 都市化の要因を指摘する声もある。前橋工科大の宮崎均教授(都市環境計画)は地面がアスファルトなどで覆われ、建物が密集して建てられるようになり、本県などでは太陽の熱が蓄熱されやすい環境になっていると説明。「熱が下がりきらないまま朝になり、再び気温が上がるという繰り返しで、暑くなっていく」と指摘する。

 建物などに蓄積された熱は、雨が降れば一気に下がるが、宮崎教授は「都市の緑化を進めていくことが重要。敷地の3割を緑地にすれば、温度は下がっていく」などと分析している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事