お弁当 大変「でも楽しい」 全校生徒が自分で作って持参 境西中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 弁当作りを通じて食事の大切さや親への感謝を学ぶ「弁当の日」が20日、伊勢崎境西中(田島康匡校長)で行われ、1~3年生194人が持参した弁当を味わった。

 食育についての講話を聞いた後、お待ちかねの弁当タイム。生徒たちは自作の弁当を見せ合ったり、おかずを交換しながら、楽しそうに頬張った=写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事