エフエム群馬が大賞 特殊詐欺対策キャンペーンとCM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エフエム群馬(前橋市若宮町、塚越正弘社長)は20日、同社と上毛新聞社、群馬テレビが共同で取り組んだ特殊詐欺対策のキャンペーンと、キャンペーン期間中に放送した啓発CMが、全国FM放送協議会のコンテスト「JFN賞2018」でそれぞれ最高賞に当たる大賞を受賞したと発表した。

 群馬マスコミ3社の「みて・きいて・よんで 家族で話そう!特殊詐欺ゼロキャンペーン」は昨年10月、ラジオ、新聞、テレビで被害防止に向け対策などを訴えた。エフエム群馬は、実際の詐欺被害者のインタビューや、おれおれ詐欺犯人の音声、対策などを放送して注意を呼び掛け、JFN賞の企画部門で28社51作品から大賞に選ばれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事