夏の夜空に 豪快な火柱 館林で手筒花火大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 第19回館林手筒花火大会が21日夜、館林市の館林城ゆめひろばで開かれた。72本の手筒から豪快な火柱が噴き上がり=写真、2千発の打ち上げ花火とともに夏の夜空を彩った。

 地元有志による館林煙硝会(池田光弘会長)の会員25人が手筒を抱え、次々に迫力満点の花火を披露した。大型の手筒からは勢い良く10メートルほどの高さまで火柱が上がり、火の粉がシャワーのように暗闇に降り注いだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事