「熱」く「湯」もみダンス 群馬・草津温泉で選手権
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 草津温泉に古くから伝わる湯もみの動きを取り入れたダンス大会「熱湯 湯もみダンス選手権」が21、22の両日、草津町内で開かれた。県内外14チームがこの日のために考案した創作ダンスを披露し、会場を盛り上げた。

 22日に観光施設「熱乃湯」で開かれた決勝戦には、21日の予選と22日の敗者復活戦を勝ち抜いた計11チームが出場。ヒップホップやフラダンス、フラメンコの振り付けに、湯もみの動きを加えた独自のダンスで審査員にアピールした=写真。グランプリには「ラバーダック」(さいたま市)が輝いた。

 大会は今年で4回目。決勝戦前には、草津白根山の火山活動で停滞する町経済を盛り上げるため、大会参加者による湯畑1周パレードを実施した。実行委員長の中沢敬草津温泉観光協会長は「伝統文化と流行のダンスを融合させ、町を盛り上げる動きにつなげたい」と期待を込めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事