高架下に彩り 「森」テーマに児童120人が描く
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 前橋市の城南地区の小学6年生約120人が22日、同市の北関東道高架下(カルバートボックス)のコンクリート壁に「森」をテーマにした絵を描いた=写真

 参加したのは荒子、二之宮、大室、笂井の4小学校と下町田町育成会の児童たち。木々や動植物を水彩ペンキで塗り、色鮮やかな壁画を仕上げた。

 城南地区自治会連合会は2015年から落書き防止と環境美化を目的に壁画制作を実施している。松村長治会長は「彩りを添えることで地域の安全に貢献できればうれしい」と話していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事