貫前神社仮殿の材 活用 宮崎神社に山車庫完成 富岡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 5月に完成した、群馬県富岡市宮崎の宮崎神社(勅使河原正典宮司)の山車庫とみこし庫の落成記念式典が22日、同神社で開かれ、住民や関係者ら約60人が完成を祝った=写真

 貫前神社(同市一ノ宮、小林冨士夫宮司)の「式年遷宮祭」で使われた仮殿を解体し、スギ材を活用。宮崎地区の祭り実行委員長で大工職人の工藤久さん(65)が設計などを担当し、昨年12月から有志らで作り始めた。

 同地区の小林清孝区長は「大切に長く使っていきたい」と感謝を述べた。式典に先立ち、宮崎神社拝殿で竣工しゅんこう祭も開かれ、玉串奉奠ほうてんなどが行われた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事