国の修繕代行で御鉾橋架け替え 神流
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 国が地方公共団体に代わって実施する修繕代行事業として、国土交通省高崎河川国道事務所は本年度、群馬県神流町生利の御鉾みほこ橋(全長45.6メートル、幅員4.3メートル)の補修工事に着手する。橋桁や橋脚を撤去して架け替える。完成時期は未定という。

 高度な技術力を要する修繕工事などを国が代行する修繕代行事業は2013年の道路法改正で制度化され、県内で実施されるのは初めて。国は本年度の事業費として8000万円を計上。町も一部を負担する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事