台風12号 28日夜に群馬最接近 大雨・洪水や土砂災害恐れ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強い台風12号は勢力を維持しながら28日午後にも関東に接近し、西に大きくカーブする珍しい経路をたどり29日明け方までに東海か近畿付近に上陸する見込みだ。前橋地方気象台は、群馬県には28日夕方から深夜にかけて最接近し、非常に激しい雨が降ると予想。土砂災害などへの警戒を呼び掛けている。

 気象台によると、雨は29日午前まで降り続き、24時間雨量はいずれも多い所で28日午後6時までに200ミリ、29日午後6時までに100~200ミリと予想される。最接近時には1時間に60ミリの非常に激しい雨が降り、大雨・洪水警報が出る可能性が高いという。

◎祭りや花火縮小、延期…週末イベント

 台風12号の接近が予想されることを受け、大泉町中心部で28、29の両日に開かれる「大泉まつり」の祭典委員会は、28日の全プログラムを中止し、29日のみ開催すると発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事