台風12号 県南西部で強い雨 4市24人が自主避難 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台風12号の接近に伴い群馬県内は28日、未明から明け方に北部の一部地域を除いて雨が降り始め、夜に雨が強まった。県が設置した南牧村小沢の雨量計で、降り始めからの降水量は91ミリ(午後9時時点)を観測するなど、県南西部で降水量が増えた。

 前橋地方気象台によると、午後9時までの24時間降水量は神流68ミリ、西野牧(下仁田町)61ミリ、前橋13・5ミリだった。29日は全域で昼すぎまで雨が降り、30日午前0時までの24時間雨量は多い所で120ミリと予想されている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事