最新医療や術後乳房再建を紹介 前橋で専門医が講演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
講演する寺尾さん

 乳房再建への理解を深めてもらう講演会「乳房再建の術前と術後で考えること」が28日、群馬県庁2階ビジターセンターで開かれた。都立駒込病院形成再建外科部長の寺尾保信さん(55)が、県内外から参加した女性76人に最新医療や術後の対応について講演した。

 寺尾さんは症例写真などを示しながら、シリコンによるインプラントや、腹部など体の一部を用いた再建方法を紹介。それぞれの長所と短所を挙げ、「決めるのは患者。治療後のQOL(生活の質)を高めるためにも、医師はさまざまな情報を提供しなければならない」と強調した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事