放射性廃棄物の地層処分を議論 前橋で説明会

 原発から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分ができる可能性のある地域を全国地図で示し、経済産業省が昨夏に公表した「科学的特性マップ」についての説明会が28日、前橋市の前橋商工会議所会館で開かれた。公募の参加者10人が、地中深くの岩盤に廃棄物を閉じ込める「地層処分」の解説を聴き、意見を交わした。

 主催の経産省資源エネルギー庁や原子力発電環境整備機構(NUMO)、地下環境を専門とする研究者らが地層処分の仕組みやマップの見方を説明した。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事