織都のPRを 桐商高生が市議に提案
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 桐生の伝統的な工芸品「桐生織」の後継者問題を考えようと、桐生商業高ビジネス研究部(大沢陽菜子部長)と群馬県桐生市議会経済建設委員会は23日、同市役所で意見交換会をした=写真

 生徒は市内の織物業者3社に聞き取り、問題の解決には「若者に桐生織を知ってもらうのが大切」という声を聞き提案内容を考えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事