倒木で通行止め 13市町村で停電 台風12号の影響
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台風12号の影響で群馬県内は29日、一部地域で大雨や強風となり、倒木のため国道405号などの一部区間が通行止め、中之条町など計13市町村で停電があった。人的被害はなかった。

 前橋地方気象台によると、28日午前3時の降り始めから29日午後4時までの降水量は、榛名山(高崎市)で131.0ミリ、神流で116.5ミリだった。

 県道路管理課によると、雨量が規制値に達したり、倒木が道路をふさいだりした影響で12路線14区間が通行止め。このうち11路線は29日に解除されたが、県道渋川松井田線の地蔵峠付近は路肩が崩れており、30日に現地調査する。

 東京電力パワーグリッド群馬総支社によると、国道405号の倒木の影響で29日未明まで、中之条町と草津町の約700軒が停電。県危機管理室によると、嬬恋村の約1200軒を含む計13市町村で停電した。

 神流川を会場とした「上野村サマーフェスティバル」は、増水したため中止された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事