高架下を壁画で明るく 新高尾小の児童ら トンネル内を彩る

 群馬県の高崎新高尾小の児童と保護者ら約80人が29日、高崎市日高町の関越道下のトンネル(ボックスカルバート)壁面に絵を描いた=写真。学校の年中行事を題材にしたほほ笑ましい絵が、トンネル内を明るく彩った。

 区長らでつくる新高尾地区地域づくり活動協議会(矢島博会長)が主催。町を明るくきれいにし、トンネル内の落書きを防ぐのが狙い。希望する家族が参加した。高崎中尾中の美術部も別の日程で協力する。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事