DV摘発187件3年連続減少 ストーカーは26件 県警上半期
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年上半期(1~6月)に群馬県警察本部が摘発したドメスティックバイオレンス(DV、夫婦や内縁者間の暴力)事案は187件で、前年同期より30件少なかったことが、1日までに県警のまとめで分かった。上半期で最多だった2015年の236件から3年連続で減少した。

 県警は女性相談者専用電話(027・224・4356)も用意しており、月~金曜の午前8時半~午後5時15分に受け付けている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事