天狗みこし 赤い熱気 沼田まつり
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県沼田市の夏の風物詩「沼田まつり」が3日、中心市街地で始まった。日が傾く中、2基の「天狗(てんぐ)みこし」が登場し、担ぎ手の女性約300人がはつらつとした掛け声を響かせた=写真・AR。5日まで。

 ドイツのフェンシングチームが五輪の事前合宿を市内で実施することをPRするフェンシング体験ブースや、みなかみ町と友好都市協定を結ぶ台湾・台南市の食べ物を提供するブースが設けられた。
【お知らせ】アプリ「上毛新聞AR」をインストールしたスマホやタブレットをこの写真にかざすと動画を見ることができます。この機会にお楽しみください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事