温泉 盛り上げていこう 草津で新成人 町への貢献誓う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
式典後、湯路広場に集まった新成人

 群馬県草津町の成人式が4日、同町役場で開かれ、新成人93人(男38人、女55人)のうち55人が出席した。出席者からは、1月の草津白根山の本白根山噴火などに伴う町経済の停滞に触れ「災害に負けず、草津温泉を盛り上げていきたい」といった力強い声が上がった。

 式典では、黒岩信忠町長があいさつで「草津温泉の魅力は落ちていない」と宣言。町内の観光施設に勤務する新成人代表の仲沢妃羅さんは「町を訪れる方たちに『また訪れたい』と思ってもらえるようなおもてなしをしたい」と応じた。式後は湯畑近くの湯路広場に移動し、旧交を温めた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事