医師の仕事に挑戦 群馬大病院で外科医の訓練 内視鏡やメス使う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 外科医の仕事を体験する教室が4日、前橋市の群馬大医学部附属病院で開かれた=写真。県内外から34人が参加し、普段は入れない手術室で内視鏡や電気メスを使った模擬手術に挑戦した。

 参加者は外科医と同じ帽子や手術着を着用。外科医の訓練に実際に使うシミュレーション装置で、胆のうを取る実習や電気メスで鶏肉を切る体験をした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事