中学の家庭科教諭 災害時の対応や便利グッズ学ぶ 前橋

 前橋市内の中学校の家庭科教諭を対象にした実技研修会が6日、前橋箱田中で開かれ、NPO法人日本防災士会県支部の赤羽潤子さん(63)が被災時の避難所開設のポイントや便利グッズを紹介した=写真

 赤羽さんは東日本大震災や熊本地震の事例を基に、被災地で不足しがちな物品を示し、口腔こうくうケア用品が感染症の防止に役立つことや、ツナ缶がランプの代わりになることなども付け加えた。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事