茂木さん 最後の勇姿 館林七夕まつりで引退試合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

 群馬県館林市の夏の風物詩「たてばやし七夕まつり」(同実行委主催)が7日、市中心街で開かれた。華やかな七夕飾りが彩り、レスリングのまちを象徴する恒例のプロレスやご当地アイドルのライブで盛り上がった。

 プロレスは、デビュー27周年を迎える同市出身のプロレスラー茂木正淑(もてぎまさよし)さん(55)がボランティアで仲間を集めて毎年開催。15回目の今年は茂木さんの引退試合でもあり、最後の勇姿を見届けようと、大勢の観客が駆け付けた。下町駐車場に特設リングが設けられ、茂木さんら18人のレスラーが雨の中熱戦を繰り広げた=写真。試合後は茂木さんの引退セレモニーが行われ、サプライズでプロレスラーの獣神サンダー・ライガーが登場した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事