兄妹の絵 Tシャツに 元木響君、桜ちゃん高崎優秀作 都内アートコンテスト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「毒ロボット」を着る響君と「未来のメカメカロボット」を着る桜ちゃん

 群馬県・高崎京ケ島小3年の元木響君(9)と、高崎健康福祉大附属幼稚園年長の桜ちゃん(5)のきょうだいが描いた2種類の絵が、東京都内の会社が主催するアートコンテストの優秀作に選ばれた。同社が手掛けるTシャツのデザインに採用され、インターネットで販売されている。いずれもロボットを題材にした力強いタッチが特徴。2人は「早く学校へ着て行きたい。おじいちゃんとおばあちゃんにも見せてあげたい」と喜んでいる。

◎ロボット題材 ネットで販売

 コンテストは今年4月、Tシャツ販売を手掛けるウェブサイト「Choose Art」(東京都、ハートアートデリバリー運営)が実施した。誰でも気軽にアート作品に触れられるようにするのが狙いで、ネット上でデザインを募り、全国から応募があった。初の試みという今回は、学芸員の資格を持っていたり、芸術分野に詳しい従業員らが450点を選んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事