ドイツ人女性、沼田市嘱託職員に 絆と機運醸成 

 2020年東京五輪・パラリンピックでドイツフェンシングチームの事前合宿を誘致した群馬県沼田市は、ドイツ人女性を嘱託職員として9日付で任用する。機運醸成に向け、ドイツ文化の周知事業などを担当してもらう。

 ミュンヘン市出身でドイツ、日本、英の3カ国語が堪能なクリスティーネ・バウアーさん(26)を、自治体国際化協会のJETプログラムを活用して任用する。任期は1年で最長5年まで更新できる。

関連記事
県内ニュース > 社会・話題の記事