サイバー犯罪抑止へ決議案 中央中等、GKA 都内で「高校模擬国連」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
大使を務めた国のカードを手にする本県の2校の生徒=東京都内

 全国71校の高校生510人が実在する国の大使として国際問題の解決を目指す「第2回全国高校教育模擬国連大会」が6、7の両日、東京都内で開かれた。群馬県は中央中等教育学校とぐんま国際アカデミー(GKA)高等部の計22人が参加、サイバーセキュリティーをテーマに議論した。

 生徒たちは事前に割り当てられた国の立場や事情を調べた上で参加。2日間にわたって事務方による非公式協議、大臣が参加する公式会議をイメージした交渉を重ね、サイバー犯罪抑止へ国際社会が取り組む対策などを盛り込んだ決議案の策定に取り組んだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事