台風13号が関東へ 9日昼前に最接近か 大雨、土砂災害に警戒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 強い台風13号は8日夜にかけて房総半島の太平洋側を進み、やや勢力を弱めて9日朝には茨城県付近に達する見通しだ。西寄りに進むと上陸する可能性がある。前橋地方気象台によると、群馬県には9日明け方から昼前にかけて最接近する。明け方には所によって雷を伴い1時間に40ミリの激しい雨が降り、大雨になる恐れがある。気象台は土砂災害への警戒などを呼び掛けている。

 9日午後6時までの24時間雨量は、南部の山地を中心に多い所で120ミリと予想される。雨は昼前まで続く見込みで、昼すぎにかけて北西の風がやや強く吹く。日中に雨がやんでも土砂災害に十分に警戒し、低い土地の浸水や河川の増水にも注意が必要としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事