デートDV根絶を 教員向けに県が講座 前橋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
デートDV根絶を訴える長谷川さん(左)と羽鳥さん

 若者のデートDVを防ぐための群馬県の啓発講座が8日、前橋市のぐんま男女共同参画センターで開かれた。小中学校や高校の教諭ら約20人がデートDVが生まれる要因を学び、学校現場の対応策について考えた。

 被害者支援センターすてっぷぐんま(同市)の 犯罪被害相談員で、デートDVに詳しい長谷川佐由美さんと羽鳥美佐子さんが 講師を務めた。長谷川さんは「デートDVは当事者の個人的な 問題でなく社会の問題」と指摘。対等な関係になく、相手の力と支配による恐怖や孤立感が被害者を苦しめる状況を解説した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事